Again賞2013のご報告

again voice|2014.03.23
今年も春が訪れました。
同窓会は今、昨年からの事業、
取り組みの振り返りを行っています。

その中のひとつ、
現在の被昇天に在学する生徒達を応援、支援する活動、
"Again賞2013"も、
生徒たちから活動終了の報告を受け、
3月20日、中高自然科学部の「ビオトープ建設」を
同窓会として高く評価し、表彰することができました。

   クリック
   ↓
       3月13日 最終面談の模様 
  生徒たちの緊張と必死さが伝わってきました!!

   3月20日 表彰式の模様  
      中学卒業式のあと聖堂で行いました。

     自然科学部の最近の活動日記ブログ 


2012年度の、生徒会執行部による、
「中学校高等学校東館南側斜面の緑化」に続き、
被昇天の生徒として、
中・高生らしい、生徒達自身の企画を、と募集しましたところ、
この度は自然科学というテーマに、
日々、クラブ活動として真面目に取り組む彼女たちに
出会うことが出来ました。

普段、被昇天⇒科学というイメージの無い私たち同窓会にとって、
今回Again賞を受賞した「ビオトープ建設」の活動以外にも
自然科学部の校内外での、実験の展示、地域の大人、子供たちとの
科学をテーマにした交流などの活動はとても興味深く、
そんな若い被昇天科学系女子たちの、
問題、課題解決への意欲はとても高く、
大人でも難しいであろう、ビオトープ建設を完成させる力となりました。

IMG_20140301_102653.jpg

Again賞にむけた活動を終え、
これからこのビオトープは自然科学部が
生物の育成、自然の循環や、
環境維持という地球全体のテーマに向き合う場所です。
ちもろん同窓会は、建設の支援はしましたが、
生徒たちは本当に自分たちで準備して、計画して、働いて、
つらい建設作業に耐え、しっかりした活動を継続して
念願のビオトープを手に入れました。

IMG_20140301_102519.jpg


この成功は、彼女たちにとっても、
もちろん私たち同窓会にとっても大きな喜びです。

Again賞に取り組んでくれた生徒たちには
努力、挫折、継続・・更なる試みで
高いハードルを越えた時に知ることができる「喜び」の実感を
これからの人生に役立てていただきたいと願っています。

【総務 Again賞選考委員 泉】


 

更新情報

月別アーカイブ

携帯サイトQRコード

qrcode